【テレワークに最適】Anker Soundcore Life Q35 レビュー

ガジェット
ガジェットレビュー
この記事ではAnker社から2021/7/28に発売された、最新のオーバーイヤーヘッドホン『Soundcore Life Q35』を購入したので、実際の使用感やおススメポイント、どんな人が購入すると幸せになれるのか?をお伝えします
【結論】こんな人におススメ
・職場や家で周りの音を遮断して仕事に集中したい人
・Zoomなどのオンラインmtgが多い人
・とにかくコスパ重視で高品質なヘッドホンを探している人

上記に当てはまる方は、Q35を購入すると幸せになれるかもしれません。

本記事ではその理由を解説します。

製品について
おススメ理由の前に、まずは簡単に製品の紹介をしておきます。

Soundcore Life Q35は、高音質コーデック・LDACに対応し、ワイヤレス接続でもハイレゾ音源の再生が可能。
Anker独自のウルトラノイズキャンセリングや外音取り込み機能等を搭載し、音質 / 没入感 / 機能性全てにおいてアップグレードされた上位モデルのワイヤレスヘッドホンです。
サイズ
23.6 x 18.2 x 8.1cm
重さ約270g
再生可能時間最大38時間 (LDAC使用かつノイズキャンセリングモード使用時)
最大40時間 (ノイズキャンセリングモード使用時)
最大60時間 (通常再生時)
充電時間約2時間
充電端子USB Type-C
Bluetooth規格Bluetooth 5.0
BluetoothプロファイルAVRCP、A2DP、HFP、HSP
対応コーデックSBC / AAC / LDAC
パッケージ内容Soundcore Life Q35、USB-C & USB-Aケーブル、3.5mm AUXケーブル、航空機用プラグアダプター (※航空機内のオーディオ設備によっては接続できない場合があります。)、ハードトラベルケース、クイックスタートガイド、安全マニュアル、18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)、カスタマーサポート
製品型番A3027031 (ネイビー) / A3027051 (ピンク)

チェックポイント

Soundcore Life Q35は、めちゃめちゃコスパが良くて、長時間再生可能なノイズキャンセリングとハイレゾに対応したヘッドホン

おススメ理由1
抜群のコストパフォーマンス
税込み価格10,990円、Amazonのセールなどの場合は1万円以下になることもあります。(発売記念セールの時は10%OFFで9,891円でした)
この価格帯で、
  • ノイズキャンセリング
  • 外音取り込み機能
  • LDAC対応
  • マルチポイント対応
  • 有線接続可能
  • ハイレゾ再生OK
これだけの機能があるのは驚きです。
管理人も、実際は有線タイプのハイレゾ対応ヘッドホンを購入しようと探していたのですが、たまたまQ35が発売される事を知り、こちらを購入しました。
ハイレゾ対応の有線ヘッドホンも安くて5,000~6,000円ぐらいはしますので、どうせならあと少し足して使い勝手が良いものを選びたいですよね。
おススメ理由2
丁度良いフィット感
管理人は市販の帽子が入らないぐらい頭のサイズが大きいのですが、Q35は左右を3cmずつ、合計6cmほどサイズ調整が可能なため快適に装着できます。
また、イヤーパッドも立体的な作りになっており、包み込まれる感じで耳への装着感もとても良いです。
安物だと頭が大きいとサイズが合わない、窮屈なものもありますが、Q35はまったく問題ありませんでした。
おススメ理由3
ほど良い高級感
値段から考えると、値段以上に見える外観をしています。
プラスチック外装ですが、マットな質感で上品な色合いなので全然安っぽく見えません。
トップ部分は金属になっており、ほど良い高級感が感じられます。
もちろん数万円の高級機にはかないませんが、装着していても恥ずかしくなるような事は一切ありません。
おススメ理由4
AUXによる有線接続
意外と役に立つのが有線接続です。
付属のケーブルにはマイク付きのコントロールボックスもあるので、有線接続での通話も可能です。
ワイヤレスタイプのヘッドホンの中には、有線接続に非対応なものもありますが、Q35は有線でも繋げられるので汎用性がとても高いです。
管理人のスマホはiPhoneのためLDACに非対応で、無線でハイレゾ再生の恩恵を受けることができませんが、PCでハイレゾ音源を聞くときに有線接続にして重宝しています。
おススメ理由5
ノイキャン有りで40時間再生
管理人はテレワークが中心なのですが、1日のうち大半がオンラインmtgの時もあります。
今まではAirPodsProを使ってZoomなどを行っていたのですが、AirPodsProだと途中で電池切れになることがありました。
3時間ほど連続でmtgしていると、片方電源が落ち、しばらくしてもう片方も電源が落ち…
このような経験から、AirPodsを使っていた時は必要な時以外はケースに入れて充電して使っていました。
Q35はノイズキャンセリングを有効にしても40時間も持つので、1日中つけっぱなしにしても何も問題ありません。
先日、久しぶりに職場で仕事をしていたのですが、やはり会社だと周りの音が気になります。
なのでノイズキャンセリングを効かせつつ、音楽聞きながら仕事やmtgしていましたが、何も問題なく1日が終わりました。
1日中ノイズキャンセリングが効いているので、とても仕事に集中できました。

チェックポイント

仕事がデスクワークの人には、ノイズキャンセリングと大容量バッテリーの2つはマスト要素

シチュエーション別で比較
ここまで絶賛の内容ばかりでしたが、それは適したシチュエーションで使う場合の話になります。
時と場所と状況次第では、他のイヤホンやヘッドホンが良い場合もあります。
ここでは、管理人が所有している他のイヤホン、ヘッドホンとシチュエーション別の比較をしてみたいと思います。
製品Soundcore Life Q35Apple AirPods ProAfterShokz Air
種別オーバーイヤーヘッドホンインイヤーヘッドフォンオープンイヤーワイヤレス骨伝導ヘッドフォン
仕事に集中したいとても集中できるとても集中できる集中できない
長時間使い続けたい40時間(ノイキャンあり)
60時間(ノイキャンなし)
4.5時間(ノイキャンあり)
5時間(ノイキャンなし)
8時間
外出時、移動時に使いたい外音取り込みあり
※ただし夏場は×
外音取り込みあり耳を塞がないので聞こえる
運動する時に使いたい邪魔になるので論外激しい運動だと耳から外れるとても快適
高音質で音楽を聴きたいハイレゾ再生可能で高音質ハイレゾ再生不可だが不満はない音楽に集中できる音質ではない

チェックポイント

シチュエーションや用途に応じて、イヤホン、ヘッドホンには得意不得意があるため適したものを使い分けるのが良い

 

まとめ
いかがでしたでしょうか。

ご自分の用途や使い方に当てはまりそう!と思った方はQ35で満足できると思います。

管理人の使用感としては「ノイズキャンセリングONで集中できる環境を維持したまま、音楽を聴きつつ仕事をしたり、オンラインmtgがそのままでき、1日丸々バッテリーが持つ」と言うのがとても自分の仕事スタイルに合っているため満足しています。

このヘッドホンがあれば、職場でも家のテレワークでも活躍してくれること間違いなしです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました