ゴールと報酬の関係

企画運営

ゴールだけでは何がダメなのか?

前回の記事で、

また、このゴールとセットで“報酬”が非常に重要な要素になります。

と書きました。
今回は、なぜ報酬の話が出てきたのかを書いていきたいと思います。

ゴール設定の先には報酬が必要

普段の生活の中でも、人はゴール(目標)に向かって行動する訳ですが、その目標はどのように設定するのでしょうか?

一般的に、目標を達成した時には”報酬”が設定されています。

  • 仕事であれば「今期の売上目標」
  • 学校であれば「テストの目標点」

普段の生活でも、このような何かしらの目標を持った状態でいる事が多いと思います。
そして、この設定された目標を達成した先には何がありますか?

仕事であれば「今期の売上目標」

売上目標を達成した先には何があるでしょうか?
一般的なサラリーマンであれば、きっと”昇給”や”ボーナス”などの報酬があると思います。

学校であれば「テストの目標点」

テストで良い点を取った先には何があるでしょうか?
“ちょっと良い外食に連れて行って貰える”や”お小遣いアップ”など、ありませんでしたか?

目標を達成した先にご褒美となる報酬が待っているから、人は頑張れるのです。

なぜ報酬が必要なのか?

人の欲求を満たす報酬は、強いモチベーションに繋がります。

モチベーションが強いほど、集中力や学習力が高くなり、達成したいと思える力が出てきます。
逆にモチベーションが低いと、やる気が失せて途中で諦めてしまう場合もあります。

つまり、報酬をフックにすることで、強いモチベーションが生まれ、熱量持ってゲームをプレイしてくれます。

アプリゲームのミッションではよく、下記のようにゴールと報酬をセットで表示します。

第一章1話をクリア:ダイヤ10個
敵を5体撃破:ダイヤ3個
初めて特訓を行う:ダイヤ5個

これは、先に報酬を見せる事で、「報酬が欲しい」と思って貰うためです。
その上で、報酬をフックにしてゲームを進捗させるモチベーションに繋げて貰います。

報酬には”わかり易さ”が重要

上の項目で、

人の欲求を満たす報酬は、強いモチベーションに繋がります。

と書きました。
この”人の欲求を満たす”と言う考え方が、アプリゲームでは非常に重要になります。

万人に共通した価値観の中で、欲しいと思うモノ。

それは“お金”です。

ゲームを開始したばかりで、世界観や物語、アイテムなどを理解していなくても、
報酬が現実のお金の価値に換算された瞬間に、欲しいか欲しくないか判断できるようになります。

例えば、このゲームでは課金アイテムが存在し、

  • ダイヤ1個:120円

だとすると、上の項目で説明した報酬は下記のようになります。

第一章1話をクリア:ダイヤ10個 = 1,200円相当の価値
敵を5体撃破:ダイヤ3個 = 360円相当の価値
初めて特訓を行う:ダイヤ5個 = 600円相当の価値

第一章1話をクリアしても、現実世界の現金1,200円が手に入る訳でありません。
ですが、このゲームの世界では1,200円相当の課金アイテムが入手できると考える事ができます。

まとめ:ゴールには”わかり易い報酬”がセットだと効果的

人は、目標を提示しただけでは走り出す事が難しいものです。
目標の先に自分にとってのメリットが無ければモチベーションが上がらず、維持できません。

これは普段の生活の中でも、ゲームの中でも同じ事です。

なので、ゲームの中では、

  • わかり易いゴール(目標)
  • わかり易い報酬(メリット)

を、わかり易く丁寧に伝えてあげることで、ゲーム開始直後の新規プレイヤーにも、
ゲームをプレイする強いモチベーションを作ってあげる事ができます。

アプリゲームでは、このゴールと報酬設計がレベルデザインの重要ポイントにもなってきます。
(この話はまた別の機会に…)

関連する記事

コメント

  1. […] ゴールと報酬の関係 […]

タイトルとURLをコピーしました