【最強サブ端末】楽天モバイルのRakuten miniを使い倒す3つの活用法

ガジェット

実は管理人、ガジェットや家電が結構好きなんです。

毎回、真面目な話ばかり書いていても、堅い感じになってしまうので、時折ガジェット系のことも記事にしてみたいと思います!

楽天モバイルを実際に2ヶ月間使ってみた感想

小型軽量な端末のRakuten miniに、Rakuten UN-LIMITならデータ通信も使い放題。

しかも今なら300万人まで回線使用料が1年無料。
※2020/6現在

はっきり言って、これだけバーゲンセールされているのに使わないのは勿体ないです。

管理人はRakuten miniのブラックを購入

Rakuten UN-LIMITの説明や申し込み方法などは、他のブログや有名サイトの記事でたくさん紹介されていると思います。

なので、今回の記事では管理人が実際に2ヶ月使用し、Rakuten miniとRakuten UN-LIMITの組み合わせに価値を感じた3つの活用法を紹介していきたいと思います。

価値ある3つの活用方法

①ルーター機能で無制限データ通信のストレスフリー

②家の固定回線のバックアップで安心感アップ

③スポーツのお供に最適な端末と回線

①ルーター機能で無制限データ通信のストレスフリー

テザリングのON/OFFが楽

Rakuten miniの良いところは、最初からモバイルルーターの代わりとして使えるUIが実装されているところです。

画面右上にテザリングアイコンを配置することができ、このショートカットボタンでテザリングのON/OFFを切り替えることができます。

このUIがあるおかげで、モバイルルーターと遜色のない使い勝手が実現されています。

ロックを解除して、ワンボタン。簡単ですね!

データ通信量を気にせず各種オンラインサービスが使える

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を契約していれば、楽天エリア内なら安定して20〜30Mbpsの速度が出ています。

楽天エリアの外では、au回線で月に5GBのデータ通信が可能です。

また、au回線の5GBを使い切った後は、1Mbpsで常時データ通信が可能です。

管理人が一番推したいのはコレです!

回線エリアやデータの残り容量を気にせず、常に1Mbpsでキャリアの安定した回線で通信ができるのは、本当にストレスフリーです。

パソコンを繋いで大容量のデータをやり取りする事がなければ、大体のサービスは問題なく利用できます。

YouTubeも画質を少し落とせば快適に見れますし、音楽系のサブスクサービス(SpotifyやAmazon musicなど)は何も変わらず使えます。

Webサイトも物凄くリッチだったり、重たいサイトでなければ表示に時間がかかることもありません。

メイン回線のプランを節約できる

管理人は、メイン端末はSIMフリーiPhoneで、回線はY!mobileを使用しています。

Rakuten mini&Rakuten UN-LIMITの組み合わせを導入してから、データ通信はテザリングになったので、Y!mobileのプランを一番安いプランに変更しました。

元々、5,000円ぐらいの毎月12GB程度使えるプランだったのですが、2,000円で3GBのプランに変更しました。

メイン回線で通信する時は、「Rauten miniを持って出るのを忘れた時」か、「端末の電池が切れた時」ぐらいしか通信をしていないので、今月はデータ使用量は0.5GBぐらいでした。

少なくとも、1年間は無料でデータ通信できるので、差額の月3,000円×12ヶ月で、合計36,000円分の節約ができそうです。

②家の固定回線のバックアップで安心感アップ

管理人は家の固定回線にソフトバンク光を利用しているのですが、ここ2ヶ月で落雷の影響から固定回線の障害が2回ほど発生しました。

まさかの、リモートワーク中に家の固定回線が使えなくなったのです。

その際に助けられたのがRakuten miniのテザリングでした。

当時の障害発生時はソフトバンク光、ソフトバンク系列の一部キャリア回線にも影響があり、ソフトバンク系列のインフラ(固定回線とメインの携帯回線)が非常に不安定でした。

楽天モバイルの回線はソフトバンクの障害とは無関係でしたので、Rakuten miniのテザリングで部屋のパソコンやスマホ、タブレットなどは無事にネット接続ができました。

このおかげで、固定回線が使用不能な中でも、リモートワークによる仕事は問題なくできました。

メイン回線(Y!mobile)のバックアップ程度に考えていたサブ回線が、固定回線のバックアップにもなってくれたのです。

1Mbpsの通信速度が保証されているので、大容量のデータさえ扱わなければ家の仕事でも使える安心感は素晴らしいと思います。

③スポーツのお供に最適な端末と回線

Rakute miniの特徴は以下の通りです。

特徴

・高さ106.2mm×幅53.4mm、重量79gの超小型軽量な端末サイズ

・IPX2 / IP5X対応の防滴防塵性能

・おサイフケータイ対応

・約160時間の連続待ち受け時間

防塵防滴で超小型軽量なので、ジムやスポーツとの相性が抜群です。

このサイズ感、凄く小さいです

管理人は朝ランニングすることが多いのですが、最近はRakuten miniと防滴の骨伝導ヘッドセットの組み合わせで音楽を聴きながら走ってます

音楽のサブスクリプションはAmazon music unlimitedを契約しているのですが、データ通信の容量を気にせず使えるため、常にオンラインモードで気分に合わせて好きな曲を聴けるのが良いです。

また、おサイフケータイにも対応しているので、途中のコンビニで買い物も可能です。

快適ポイント

・小型軽量なので、ランニング中にポケットに入れても気にならない

・汗をかいても防滴ヘッドセット&防滴端末なので水洗いできる

・データ通信の容量を気にせず好きな音楽をかけ続けられる

・喉が渇いたり、小腹が空いてもおサイフケータイ機能でコンビニで買い物ができる

楽天モバイルをサブ回線にして、快適と安心を手に入れよう

1年間無料でこの快適さと安心感が手に入るのは破格と言っても良いと思います。

先日まではRakuten miniの本体も1円キャンペーンが行われていましたが、この記事を書いている時点では終了したようです。

ただ、現時点でも端末購入で高額の楽天ポイントのキャッシュバックが貰えるようなので、楽天モバイルでRakuten UN-LIMITの契約と端末を購入しても、損では無いと思います。

2020/6時点の楽天モバイル公式サイトより

リモートワークの時代に突入した今、会社員であっても会社以外の場所で仕事を行う選択肢が出てきました。

今後もデータ通信使い放題のサービスは出てくると思いますが、現時点では楽天モバイルをサブ回線にして、無料でデータ通信を使い倒すのがベストだと思います。

データ通信使い放題のストレスフリーさは、一度体験すると戻れません。

皆さんもぜひ体験してみてください!


Rakuten UN-LIMITの申し込みはコチラ

防滴の骨伝導ヘッドセットはコチラ

骨伝導のため、音質がそこまで良い訳ではありません。
なので、無理に高いものを買うよりも、消耗品として考えて購入しましょう。

障害で話題にしてしまったソフトバンク光ですが、管理人の部屋では、通常時は安定して40〜60Mbpsの速度が出ています。


このブログの本編であるゲーム企画についての記事はコチラ

元アプリゲーム開発・運営の経験者が綴るブログへようこそ

ゲームとは何だろう?

ゲーム運営はサービス業

【学生必見】ゲームプランナーを目指す学生の企画書でよく見る5つのミス

コメント

タイトルとURLをコピーしました