【ポータブル電源】Anker PowerHouse II 400を購入してみた

ガジェット

今回はAnkerのポータブル電源「PowerHouse II 400」の概要紹介と、実際にキャンプで使用した実体験を踏まえた記事です。

管理人は、たまにキャンプに出かけるのですが、いつも複数のモバイルバッテリーを満充電にして持って行ってました。

と言うのも、キャンプ先でスマホやGoProを充電しているため、モバイルバッテリーが1つだと心許ないのです。

そこで、先日のAmazonの新生活セールで安くなっていた「Anker PowerHouse II 400」を購入し、キャンプで使用してみました。

スペック

まずはスペックの紹介を簡単にしておきます。

スペック

メーカー:Anker
製品サイズ:約 255 × 148 × 139 mm
製品重量:約 4.62 kg
入力 DC:11-28V=5.5A (最大65W)
USB-Cポート:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A/ 20V=3A (最大60W)
合計最大入力:125W
出力 AC:110V ~ 50 / 60Hz, 2.72A, 300W (瞬間最大600W)
USB-Aポート:5V=7.2A (各ポート最大:2.4A, 最大36W)
USB-Cポート:5V=3A / 9V=3A /15V=3A / 20V=3A (最大60W)
シガーソケット + DC:12V=10A (最大120W)
合計最大出力:516W
バッテリー容量:108,000mAh / 388.8Wh
パッケージ内容:Anker PowerHouse II 400、ACアダプタ(65W出力) 、USB-C & USB-A ケーブル、USB-C & USB-C ケーブル、取扱説明書、18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後) 、カスタマーサポート

細かい情報は公式サイトで確認した方が早いかと思います。

上記のスペックで赤字にした箇所は、管理人が購入時の決め手にした箇所です。

  • メーカー:Anker
    • 2011年にGoogleのエンジニアが設立したスマホ関連機器のブランド
    • スマホ黎明期から充電器やバッテリーなどを作り続けている
    • 中国の企業だが2013年には日本法人も設立しておりサポート面も信頼できる
    • バッテリーメーカーではトップクラスのノウハウや技術力
  • 製品重量:約 4.62 kg
    • 5kg未満なので片手で持ち運びができる
    • 取手も付いていてサイズもコンパクトなので運搬が楽
    • テントやタープも5kg程度の重量があるので、他のキャンプ道具と比較してもそこまで重いと感じない
    • これ以上重いと両手で持ったり、他の荷物と同時に持てなくなる
  • AC出力:300W (瞬間最大600W)
    • 300Wあれば大体の家電が動く
    • 災害時でも一時的に家電を動かせる出力
    • AC出力側なら16インチの MacBook Proの充電(96W)も可能
  • バッテリー容量:108,000mAh / 388.8Wh
    • Amazonでよく見かけるモバイル10,000mAhのバッテリー約11個分
    • 電気毛布の中ぐらいの暖かさ(55W)なら約7時間ほど稼働できる
    • 扇風機(10W)なら約38時間ほど稼働できる
    • 普通のキャンプでは使えない扇風機や電気毛布が長時間使える
    • 冬キャンプで電気毛布を一晩使うなら、最低限この容量が必要
  • メーカー保証:18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)
    • 会員登録すれば24ヶ月(2年間)の保証が付く
    • バッテリーは使用すればするだけ劣化していくので2年間の長期保証はGood

実際に使ってみた感想

早速キャンプにPowerHouse II 400を持って行って使用してみました。

電池残量を気にせずに屋外でSwitchをプレイできるのはとても快適です。

また、スマホの充電も気にせずに何回でもできるので、電池切れで攻略サイトが見れなくなることもありません。

春キャンプだったので日中は暖かかったのですが、夜は気温が10度以下まで下がるため、まだ防寒対策が必要な季節です。

家にあった電気毛布を持ってきて使用してみました!

が、その使用中の写真を撮影し忘れる痛恨のミス…

温度(弱〜中)にしたまま睡眠し、約7時間後に目が覚めた時はまだ稼働していました。

このキャンプでのPowerHouse II 400の活躍は、

  • スマホ2台の充電×1回ずつ
  • Switch2台の充電×2回ずつ
  • 電気毛布(弱〜中)×7時間

でした!

1泊程度のキャンプであれば、このバッテリーで十分事足りることがわかりました。

近いうちにノートPC持参で、キャンプしながら仕事ができるか試してみたいと思います。

まとめ

Anker PowerHouse II 400は、持ち運びがし易く、大体の家電が使えて、1泊程度のキャンプであれば十分な電力供給が可能なポータブル電源です。

これ1台あればキャンプや車中泊が快適になりますし、非常時の備えにもなるので、1台持っておくととても安心できるガジェットだと思います。

Amazonでは39,800円で売られていますが、今回の新生活セールや、プライムデー、ブラックフライデーなどの大型セールの際は29,800円になる事も多いので、セールの時は是非検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました