【これは便利】サーモス 保冷缶ホルダー 350ml缶用

ガジェット

最近購入したもので、地味ですがとても便利なアイテムがあったので軽く紹介したいと思います。

THERMOS 保冷缶ホルダー

魔法ビンやマグカップで有名なサーモスの製品です。

サーモスと言えば、真空断熱構造で飲み物の保温や保冷性能が特徴です。

その真空断熱構造を用いて、350ml缶がピッタリ入る保冷缶ホルダーが今回紹介しているアイテムです。

350ml缶用の他にも、500ml缶用の大きなサイズもあります。

350ml缶はAmazonで約1,300円ほどでコスパも良いです。

おすすめポイント

楽に冷たさを維持できる
缶入りの飲み物を冷やそうとすると、中身をコップに移して氷を入れて温度を維持するしかないと思います。
この保冷缶ホルダーを使うと、氷を使わなくても冷たさを長持ちさせる事ができます。
冷蔵庫から出した缶のドリンクを保冷缶ホルダーに入れるだけなので、とてもお手軽に使えます。
軽量で取り回しが楽
この保冷缶ホルダーは重さは100gほどです。
350ml缶を入れて、手に持っても+100gなのでそこまで負担になりません。
また、ステンレス製で丈夫ですし、形状的にコップと同じなので汚れてもサッと洗えます。
室内だけでなく、キャンプやBBQなどのアウトドアでも使いやすいですね。
品質の割に手頃価格でコスパ抜群
ステンレス製ですが、デザインと質感共に良いです。
手触りも良く、上部のラバーグリップの部分を持てば滑らない、手が冷えないのはとても良く考えられています。
これでAmazonで1,300円程度なのはコスパ抜群です。

いまいちポイント

350ml缶がピッタリすぎる
350ml缶用の保冷缶ホルダーですが、これに350mlの缶を入れるとちょっと飲みにくいです。

缶の飲み口の近くまでホルダーの縁があるので、気を付けないとホルダーの縁に口がつきます。
ラバーグリップ以外のところを持つと冷たい
これは持ち方の問題ですが、上部のラバーグリップ以外の部分を持つと、ステンレス製なので手が冷たくなります。
デメリットとかではないのですが、持ち方に注意しましょう。

オススメの使い方

オススメの使い方は、350ml缶用ホルダーに400mlや500mlサイズを入れて使うことです。

上の項目でお伝えした通り350ml缶はピッタリすぎるので、400ml缶や500ml缶を入れた方が飲みやすいです。

400mlや500ml缶を入れると上部がはみ出すのですが、この状態でも十分保冷してくれます。

管理人は350ml缶ホルダーに500ml缶を入れて使う事が多くなりました。

(もちろん350ml缶も入れて使いますが…)

最後に

いかがだったでしょうか。

正直、普通に生活していると保冷缶ホルダーを買う機会はあまりないと思いますが、これ1つで生活の質がちょっとだけ上がります。

しかも、使い続けても性能が劣化する訳ではないので、壊さない限りは一生使えます。

一生使えて、缶ドリンクを美味しく飲める時間が延びるのであれば、コスパは抜群だと思います。

価格もお手頃なので、気になる方はAmazonなどでポチってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました